産前・産後ママのトラブル解決ナビ

産前・産後のママは体も心もトラブルがいっぱい。トラブルを解決するためにトラブルの原因や解消方法についてまとめています。

卒乳・断乳でおっぱいが痛い!対処方法は?

      2017/01/31

授乳をしていると、必ず卒乳・断乳の時期がやってきます。

赤ちゃんが離乳食をたくさん食べるようになって

母乳をあまり欲しがらなくなって卒乳とか、

母乳が作られる量が段々と減ったので卒乳へ、と

自然な形で卒乳出来るのが理想的ですが、

なかなかそんなにスムーズに進まないんですよねー

 

そんな時は、お母さんが授乳をやめる時期を

決める断乳になると思います。

 

断乳を決める理由は、色々とあると思います。

  • 体力的に辛くなってきた
  • 仕事に復帰するため
  • 薬を継続的に飲まないといけなくなった
  • 次の子を妊娠した
  • そろそろアルコールを飲みたい
  • 夜泣きがひどい
  • 離乳食が進まない
  • 1歳までと決めていた  などなど。

どんな理由でも、後ろめたく感じることはないですよ。

だって、断乳したからって

子供への愛情が変わることはないですからね。

 

そして、いざ卒乳・断乳を迎えると

母乳の分泌量が少なくなっていない場合は

授乳をやめてもしばらくは母乳が

作られ続けるので、パンパンになって本当に痛いです!

ひどいと乳腺炎になったり、高熱が出たりします。

 

卒乳・断乳でおっぱいが痛い時の対処方法

そんな辛い症状はどうやって対処すればよいでしょうか。

私が実践していた対処方法をご紹介します。

1.冷やすこと

おっぱいが張って痛い時は、触ると熱いですよね。

痛みを取るには、まずは冷やすことです。

 

簡単なのは、熱が出た時におでこに貼る

冷えピタを貼って冷やします。

冷えピタがない場合やもっと冷やしたい時は、

ケーキを買ってきたときなどについてくる保冷剤を使います。

そのままだと冷たすぎるので、ハンドタオルなどでくるんで

ブラの中に入れるといいと思います。

 

2.搾乳

どうしても張ってしんどいときは、少しだけ搾乳しましょう。

ただ搾乳しすぎは逆効果で、搾乳されたことが刺激になって

母乳が余計に作られてしまうので注意が必要です。

 

また、搾乳する際は乳首やその周りは触らないようにしましょう。

これも刺激になって母乳が作られます。

搾乳する際は、両手で乳房を大きく包んで、

おにぎりを握るように外から内側に向けて絞るようにします。

 

3.ハーブティーで母乳の分泌量を抑える

そして、私がお勧めしたいのは、ハーブティーです。

母乳が作られる量をセーブしてくれるハーブティーを飲むことで

体の中からケアすることが出来ます。

 

母乳量をセーブしてくれるハーブで有名なのは、

「ペパーミント」と「セージ」です。

この2つのハーブをメインにブレンドされている

「卒乳ブレンド」というハーブティーがあります。

 

私も卒乳ブレンドを飲んで、

卒乳・断乳時の痛みが楽になったのでお勧めですよ。

 

関連記事:卒乳ブレンドの体験談

 

まとめ

卒乳・断乳の時のおっぱいの痛みは、

いつかは母乳量が減って楽になります。

上に挙げたようなセルフケアで乗り切ってくださいね。

 

もしも、それでも辛いようなら

早めに病院で診察を受けましょう!

 



 - 母乳のトラブル , , , , ,