産前・産後ママのトラブル解決ナビ

産前・産後のママは体も心もトラブルがいっぱい。トラブルを解決するためにトラブルの原因や解消方法についてまとめています。

PMS対策に!チェストベリーの効果と効能

      2016/10/26

PMSとは日本語で「月経前症候群」と言います。

生理の始まる3日~2週間ほど前から、

イライラしたり、落ち込んだり、

腹痛や頭痛などの不調に悩まされる症状のことです。

症状は多岐にわたり、個人差がかなり大きいようです。

 

 チェストベリーは、PMS対策に効果があると話題の成分です。

 

チェストベリーとは?

チェストベリー

チェストベリーは南ヨーロッパから

地中海沿岸、西アジア地域を原産地とする

チェストツリーと言う植物の実です。

 

チェストベリーには、女性ホルモンの

プロゲステロン(黄体ホルモン)の

分泌を正常化する働きがあります。

 

そのため、黄体ホルモンの分泌不足による

PMSに効果があります。

 

チェストベリーにはPMSの改善の他にも、

無月経、月経周期の乱れの改善、

不妊の改善、にきびの改善などの

効果・効能があります。

 

チェストベリーは薬にも使われている

日本で初めてPMS専用の治療薬として

認可されて、2014年9月に発売された

プレフェミンという薬があります。

 

そのプレフェミンと言う薬の主成分は、

チェストベリー乾燥エキス40mgです。

 

プレフェミンは医薬品として国が

認可しているPMSの薬なので、

PMSへの効果は臨床試験によって立証されています。

チェストベリーは医薬品に使われるくらい

PMSへの効果が分かっている成分なんですね。

 

その他の効果・効能

チェストベリーはPMSを緩和してくれる効果だけではありません。

女性にとって嬉しい効能があるのです。

それは、バストアップ効果!

 

女性ホルモンには「黄体ホルモン」と

「卵胞ホルモン」の二種類がありますが、

バストアップを促してくれるのは

黄体ホルモン」です。

 

妊娠すると黄体ホルモンが

多く分泌されるため、乳腺が発達します。

妊娠中にバストが大きくなるのはそのためです。

 

私も妊娠中、授乳中は胸が大きくなって、

喜んでいたのですが

卒乳後はみるみるしぼんで、さみしい限りに・・・

 

チェストベリーは黄体ホルモンの分泌を促し、

女性ホルモンのバランスを整え、

乳腺を刺激することで、

バストアップしやすい体を作ってくれます。

 

チェストベリーを摂取すれば、PMS対策と同時に

バストアップ効果も期待できて嬉しいですね!

 

まとめ

チェストベリーは、PMSの薬にも使われており、

黄体ホルモンの分泌を正常化することで

PMSを緩和させてくれる効果・効能があります。

 

PMS以外にも黄体ホルモンの分泌が増えることで

バストアップ効果が期待できます。

 

女性には嬉しい効果・効能がありますので、

積極的に摂取したいですね。

 

 

関連記事

チェストベリー高配合のハーブティーを試してみた感想

 

 

 - 産後のPMS , , ,