産前・産後ママのトラブル解決ナビ

産前・産後のママは体も心もトラブルがいっぱい。トラブルを解決するためにトラブルの原因や解消方法についてまとめています。

赤ちゃんの夜泣きの原因は?効果的な改善方法とは?

   

育児でママたちにとって大きな悩みの1つが

赤ちゃんの夜泣きですよね。

いきなり、深夜に大きな泣き声で目を覚ます、

育児経験があるママは多かれ少なかれ

経験があるんじゃないでしょうか。

 

「なんで泣き止まないの?」

「どうすればグッスリ寝てくれるの?」

母乳をあげても、抱っこしても泣きやんでくれない。

本当にしんどいですよね・・・・

 

そこで夜泣きの改善法についてまとめてみました。

 

夜泣きの主な原因って?

そもそも夜泣きってなぜ起こるのでしょうか?

そのワケは様々です。

 

お腹が空いていたり、オムツが汚れていたり、

布団や洋服のせいで暑かったり。

こうした分かりやすい原因の場合は、

ちゃんと対処をすれば、良くなります。

 

困るのはそれ以外の原因です。

その中でも、寂しさやスキンシップが足りない

という原因が結構あります。

赤ちゃんは想像以上に感受性が豊かなんです。

ママが不安を感じていたり、イライラしていたり、

スキンシップが足りないとその不安が赤ちゃんに

伝染してしまいます。

 

その他にも、お昼に刺激の強い体験をした事が

原因となることもあります。

たとえば、散歩の時に犬に「ワンワン!」と

吠えられてビックリして泣いちゃったとか、

初めて人に会ったり、ベットから落ちてしまったなど。

でも、こういった経験は赤ちゃんが成長していく上でとても大切です。

それで夜泣きしてしまうこともたくさんありますが、

なるべく赤ちゃんが夜リラックスできる環境を作ってあげましょう。

 

夜泣きの効果的な改善方法について

では、夜泣きはどうやって改善すれば良いのでしょう?

 

①同じ時間に寝て、同じ時間に起きる習慣を

 

夜泣きを改善するためには、

まず寝る習慣をちゃんと身につけさせましょう。

寝る時間や起きる時間がバラバラだと、

体内の睡眠周期が整わず、眠りが浅くりがちです。

 

朝は、きちんと8時くらいまでには起こして、

昼寝も1時間程度、寝る時間も夜8時頃など。

睡眠サイクルをしっかりと固定して、

寝る時間と起きる時間を習慣にしましょう。

 

また、朝はカーテンを開けて明るく、

夜は照明を消して暗くして、環境を整えてあげることも大切です。

明るさによって赤ちゃんは夜と朝を区別できるようになります。

夜泣きを改善するためには、

まずはこの習慣を身につけることが大事です。

 

②スキンシップで安心感を与える

そして、しっかりスキンシップをはかって

赤ちゃんに安心感を与えるようにしましょう。

赤ちゃんは感受性がとても高いので、

ちょっとでも不安に感じると泣いてしまいます。

お腹の中にいた時は、ママの鼓動や体温を

ずっと感じることができていたのに、

産まれてからは寝る時に布団の暖かさだけで

ママの存在を感じられなくて、

不安を感じて泣いてしまうこともあるんです。

なるべく抱っこしたり、体をさすってあげて

たくさんスキンシップをとりましょう。

 

 

③テレビなどの強い刺激を与えるものを避ける

テレビなどの強い光を与えたりするものは、

眠りを妨げますので、できるだけ避けましょう。

赤ちゃんの夜泣きが激しい時などに

部屋を明るくしたり、テレビを見せたりすると

余計に寝られなくなることもあります。

グズグズしたり寝付きが悪いときは、

夜風にあたりに行ったり、ドライブしたりして気分転換してみましょう。

 

④ママがリラックスする

赤ちゃんはママの不安やイライラも

敏感に感じ取ってしまいます。

それが原因で夜泣きすることもありますので、

ママがリラックスする事も大切です。

家族に協力してもらうなどして、

時々リラックスする機会をつくりましょう。

 

夜泣きに効果があり、リラックス効果が高いと

言われているカモミールティーを子供に飲ませたり、

ママが飲んだりすることもおススメです!

赤ちゃんの夜泣き対策用のカモミールティーもあります。

赤ちゃん用に作られているので安心して飲ませられますよ。

すやねむカモミールの夜泣きへの効果。私の体験談

 

夜泣きとどう向き合う?

 

夜泣きはハッキリ原因が分からないことも

ありますが、対処法は色々あります。

1つ1つ試してみて、赤ちゃんがぐっすりと

眠ってくれる方法を探してみましょう。

 

赤ちゃんは多かれ少なかれ必ず夜泣きをします。

2歳を超えると、ほとんどの赤ちゃんで

夜泣きはなくなります。

優しく見守りながら対処していきましょうね。

 - 育児について , , , , , , , , , , , , , , , ,