産前・産後ママのトラブル解決ナビ

産前・産後のママは体も心もトラブルがいっぱい。トラブルを解決するためにトラブルの原因や解消方法についてまとめています。

妊娠中の葉酸不足は先天性障害のリスクが増える!

      2018/05/20

今日のニュースに出ていた内容ですが、

妊婦の葉酸不足でリスクが高まる先天性障害は

2000年に厚生省(今の厚生労働省)が

妊娠中の葉酸の摂取を推奨する」と

通知を出して以降も発症率が改善していないそうです。

 

日本先天異常学会はサプリメントでの葉酸摂取を

呼びかける声明をまとめて、他の関係する学会に

周知への協力を求めているようです。

妊娠中の葉酸の摂取の重要性は、

かなり広く広まっていると思っていたのですが

まだ認識が低いようですね。

なんとなく葉酸を飲んだ方がいいと知っていても、

なぜ飲まないといけないかを知らなくて

まあいいかと飲まずにいるのかもしれません。

 

葉酸不足になるとどうなる?

葉酸はビタミンBの1種で

緑黄色野菜や果物に含まれています。

葉酸はDNAの生成、修正に

大きな役目を持っています。

 

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の正常な

発育が妨げられ、脳や脊髄の発育に影響し、

運動機能や知覚がマヒする二分脊椎症などに

なる恐れがあります。

流産や死産になる確率も高くなります。

 

また、葉酸が欠乏するとお母さんにも

様々なリスクがあります。

貧血になったり、イライラや不眠、うつ症状など

メンタルにも影響が出ることがあります。

 

葉酸のサプリメント摂取の推奨

葉酸は食事からの摂取では十分に摂れないため、

厚生省通知で、妊娠1か月前から妊娠3か月まで

サプリメントで1日400μgの葉酸

摂ることを推奨しています。

 

葉酸不足による先天性障害の発症率

厚生省の通知が出て以降も先天性障害の発症率は

出産1万人当たり5~6人で横ばい状態です。

年間500~600人が発症しています。

 

ある調査では2001~2012年に出産した女性で

葉酸サプリメントを摂っていたのは23%で、

二分脊椎症の子を産んだ女性で

葉酸サプリメントを摂っていたのは

10%と低い結果だったそうです。

 

海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が

約80あり、その結果二分脊椎症などの障害が

3~5割減ったという報告もあるそうです。

 

おススメの葉酸サプリメント

葉酸サプリメントもたくさん出ているので

どれを飲めばいいか分からない!

どれでも一緒でしょ?と思っていませんか?

 

私がおススメする葉酸サプリメントは

【BABY葉酸~ママのめぐみ~】

このサプリメントに配合されている葉酸は

モノグルタミン酸型の葉酸

厚生労働省も推奨している葉酸です。

 

植物に天然に存在する葉酸は、

ポリグルタミン酸型で、モノグルタミン酸型は

人工的に合成された葉酸です。

なぜ天然葉酸より合成葉酸の方がいいかと言うと

吸収率が天然葉酸の2倍で合成葉酸の方が

効果的に葉酸を摂取できるからです。

体内への吸収率が高いので、葉酸をしっかりと

赤ちゃんに届けることができるんですよ。

 

※関連記事※

BABY葉酸~ママのめぐみ~体験口コミ!おススメの理由

 

まとめ

日本ではまだ葉酸の重要性が

広く認識されていないようです。

葉酸サプリメントを摂っていても先天性障害が

ゼロになるわけではありませんが、

リスクを下げることはできます。

赤ちゃんの成長のためには必須の栄養素ですので

妊娠中は葉酸をサプリメントで摂取しましょう。

 

また、葉酸は乳幼児や成長期の子供にも

重要な栄養素で、不足すると発育不全の原因に

なることもあります。

なので、産後の授乳期も葉酸を摂り続けて、

赤ちゃんに葉酸を届けてあげましょう。

 

※関連記事※

出産後は葉酸は摂らなくていい?授乳中の葉酸の働きとは?


 - 妊娠中のトラブル , , , , , , , , , , ,